MT5版のMACDを違う形で表示する「macd-2」

MACDを表示するインジです。

MT5にもMACDが入っていますが、このインジは表示方法が少し異なります。

MACDのヒストグラムとシグナルラインの両方がラインで表示され、その間が塗りつぶされます。そして塗りつぶされた幅をヒストグラムとして表示します。

通常のMACDと一緒に表示したのが下のチャートです。

サブチャート上部の色の変わるリボンの領域と、サブチャート下部のヒストグラムとシグナルラインの領域が一致しています。

そして、ヒストグラムとシグナルラインの距離をヒストグラムとして表示していることが分かります。

他のチャートソフトではこのMACD表示がデフォルトのこともあります。
MT5のMACDが見にくいと感じている方は、こちらをお勧めします。

パラメーター設定

 

MT5用の凄いインジと手法を公開しています

当サイトから海外FX口座を開設されますと、MT5用の手法やインジケーター等を公開する「Forex Standard Club MT5版」にご招待します。

 

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

 

おすすめの記事