MT4からMT5へ移行するか悩んでいる人のためのMT4とMT5の比較まとめ

「MT4とMT5のどちらが良いのか?」
「今後はMT5が主流になるって本当?」

MT4やMT5を開発しているメタクオーツ社によると、「MT4は既に開発が終了しており、今後はMT5メインで開発をしていく」とアナウンスしており、MT5を採用するFX業者も増えてきています。

このような現状のため、MT4からMT5へ移行するかどうか、MT5を使うかどうかについて悩んでおられる方もいらっしゃると思います。

そこで今回はMT4とMT5のメリットとデメリット、そしてMT5へ移行する方法についても解説します。

MT4からMT5に移行するメリット

MT4からMT5へ移行するメリットとしては以下の3点が上げられます。

  1. MT4よりもMT5の方が動作が早く、ラインなどのオブジェクトが使いやすくなっている
  2. 時間足の種類が多い
  3. 同時に複数の注文に対応できる
  4. プライスボードが表示できる

MT4よりもMT5の方が動作が早く、ラインなどのオブジェクトが使いやすくなっている

パッと見ただけではMT4もMT5も似たような見た目のソフトです。

MT5はMT4よりも利用するメモリの量が多く、リリース当時は「重い」と批判を受けていましたが、現在のパソコンであれば軽い部類に入るソフトになります。

スキャルピングなどの動作の速さが重要な局面でもストレスなく取引ができますし、描画ツールも滑らかで勝手にラインの位置がズレる現象も解消されています。

時間足の種類が多い

MT5は21種類もの時間軸のチャートが表示可能です。

2分足、3分足、4分足、6分足、10分足、12分足、20分足、2時間足、3時間足、6時間足、8時間足、12時間足とMT4では表示できない時間軸も利用できます。

同時に複数の注文に対応できる

MT5はMT4よりもソフトとしての性能が上で、同時に複数の注文を発注できます。

MT4の場合、同時に複数の注文を発注できず、順次発注していく仕様になっています。そのため、同時に複数の注文を入れたい方、一括決済したい方にとっては、タイムラグが発生することになります。

しかしMT5ではそのようなことが無く、スムーズに発注が可能です。

プライスボードが表示できる

MT5では、気配値ウィンドウに「プライスボード」が追加されています。

プライスボードタブをクリックすると、以下のように登録してある銘柄のプライスボードが一覧で表示されます。

複数の銘柄のレートが分かりやすく並び、ここから注文を入れることもできます。

MT4からMT5に移行するデメリット

MT4からMT5に移行する場合のデメリットは以下の通りです。

  1. MT4用のインジケーターやEAが利用できない
  2. EAやインジケーターの種類が少ない
  3. 利用者が少ないため情報が少ない

MT4用のインジケーターやEAが利用できない

MT4には非常に多くのカスタムインジケーターやEAがあります。
これらは有料・無料問わず優秀なものが数多くありますが、MT5ではMT4用のインジケーターやEAが利用できません。

これはMT5とMT4間で互換性が無いためで、MT5の普及が進まない一番の理由とされています。

MT5リリース当時からMT4のインジやEAが利用できないことに多くの人が失望し、改善を望んでいますが、それを長年解消しない動きを見ると、今後も仕様変更でMT4が利用できるようにはならないと思われます。

EAやカスタムインジケーターの数が少ない

当サイトではMT5用のカスタムインジケーターをご紹介していますが、残念なことにカスタムインジやEAの数はMT4よりも圧倒的に少ないです。

プログラマーも多くの人に使ってもらいたいため、現在でもMT4用のカスタムインジやEAの方が多く制作されていますし、性能や機能も良いモノが多いです。

もし今現在でMT4のお気に入りのカスタムインジがある場合はMT4を利用し続けたほうが良いでしょう。

利用者が少ないため情報が少ない

最近ではMT5を採用するFX業者が多くなっていますが、それでもMT4よりも利用者数が圧倒的に少ないのが現状です。

そのため、MT5について情報を発信する人は少なく、ネットで検索してもMT5に関する情報(特に日本語)は多く得られません。

何か困った時に参考になる情報が少ないのは、初心者にとっては不安の一つになるかと思います。

MT4からMT5へ移行したほうが良い人

MT4とMT5の比較をしましたが、現状でMT5へ移行することをお勧めしたい人は以下の通りです。

  1. インジケーターはメジャーなものだけで十分(あとは当サイトにあるインジで満足)
  2. 早い動作を求める
  3. ラインやボックスなどのオブジェクトを多用する

正直な所「これなら別にMT5に限らず他のプラットフォームに移行したほうが良くない?」というのが現状です。

MT5ならではの強みがMT4よりも圧倒的に弱いため、メタクオーツ社もMT4を切ることが出来ないのです。

少し残念な現実がありますが、上記の条件に合った方はMT5に切り替えるとトレードがしやすくなると思います。

MT5用の凄いインジと手法を公開しています

当サイトから海外FX口座を開設されますと、MT5用の手法やインジケーター等を公開する「Forex Standard Club MT5版」にご招待します。

 

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

 

おすすめの記事