オンオフ可能なサポレジゾーンを表示する「Shved Supply and Demand v1.5 BT」

以前ご紹介したことのある「shved_supply_and_demand_v1.4」のパワーアップ版です。

このインジでは、サポレジゾーンを自動で描画します。

ゾーンに右側にはゾーンの意味も表示されます。
意味としては以下の通りです。

  • weak:弱いゾーン(デフォルトでは非表示)
  • untested:まだ反発したことがないゾーン
  • verified:過去に反発したことがあるゾーン
  • proven:過去に何度も反発したゾーン
  • turncoat:過去にブレイクされたゾーン

それぞれのゾーンについては、設定で表示するかどうかの選択も可能ですので、必要なモノだけ表示できます。

他にもマルチタイム機能が付いているため、上位足のサポレジゾーンの表示もできます。
下のチャートでは1時間足チャートに4時間足のサポレジゾーンを表示しています。

更にボタンクリックで表示のオンオフも可能です。

存在感のあるインジですので、この機能は重宝すると思います。

パラメーター設定

 

 

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

おすすめの記事