Vidyaを表示する「Vidya」

VIDYA(Variable Index Dinamic Average):可変インデックス移動平均線を表示するインジです。

Vidyaは価格のボラティリティによって計算期間が調整される特徴を持っており、ボラティリティが高いと価格に早く追従し、逆にボラティリティが低いと価格への追従が遅くなります。

そのため、値動きのあるトレンド相場ではトレンドに敏感に反応する一方で、レンジ相場では横ばいで推移する傾向があります。

しっかりと傾斜があればトレンドフォローでのエントリーを考慮し、横ばいになってきたら戦略を変えたり、レンジ逆張りを考えたり・・・とその時の相場に応じたトレードがしやすくなります。

通常の移動平均線のダマシに翻弄されている方は試してみられることをお勧めします。

パラメーター設定

 

MT5用の凄いインジと手法を公開しています

当サイトから海外FX口座を開設されますと、MT5用の手法やインジケーター等を公開する「Forex Standard Club MT5版」にご招待します。

 

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

 

おすすめの記事