RSIにダイナミックゾーンを表示する「dynamic-zone-rsi」

RSIにダイナミックゾーンというバンドを追加したインジです。

一見するとRSI+ボリバンに見えますが、通常のボリバンと比べると滑らかでバンドの収縮・拡大の差がそれほどありません。

そのためトレンドフォロー用というよりは、逆張りの方で使えるかなと思えます。

その特徴を利用して、このインジではRSIがセンターラインとのクロス、RSIが上下のバンドをブレイクした後に再度バンド内に戻ってきたところでサインが出ます。

ロジックとして行きすぎから戻してきたところでサインが出ますので、レンジ相場で使えるでしょう。

トレンドフォローで使う場合は、トレンドの押し目や戻りに特化することでより大きな利幅が狙えます。

パラメーター設定

 

 

MT5用の凄いインジと手法を公開しています

当サイトから海外FX口座を開設されますと、MT5用の手法やインジケーター等を公開する「Forex Standard Club MT5版」にご招待します。

 

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

 

おすすめの記事