ハイローバンドを利用してサポレジゾーンを表示する「Highest-high-lowest-low-SR」

2つの期間のハイローバンドを重ねて表示するインジです。

ハイローバンドに挟まれた価格帯が塗りつぶされて、一目均衡の雲のような見た目になっています。

パッと見では少しわかりにくいですので、通常のハイローバンドと比較します。
下のチャートは8期間と21期間のハイローバンドを表示したものです。

太いラインが21期間、細いラインが8期間です。
上昇トレンドに勢いが出ると、8期間と21期間の上バンドが重なり、逆に下バンドの方は8期間の方が21期間よりも上を推移しています。

期間を同じに設定したHighest-high-lowest-low-SRのチャートは以下のようになります。

2つのハイローバンド間の価格帯に色が塗られているのが分かります。
この価格帯をサポレジゾーンとして利用することで、トレンド方向を見たり、無裁量で反転しやすい価格帯が分かるようになります。

なかなか面白いインジだと思います。

パラメーター設定

 

 

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

おすすめの記事