RSIにチャネルが付いた「relative-price-channel 」

RSIと似たオシレーターと表示し、その上下にバンドを表示するインジです。

オシレーターの方は、挙動自体はRSIと全く同じですが、値が異なります。

通常のRSIと一緒に表示しました。

灰色のラインがRSIと同じ動きをしているのが分かります。

このインジではチャネルも一緒に表示されるので、使い方次第でトレンドフォロー用、逆張り用のどちらでも使えると思います。

パラメーター設定

 

  

インジケーターのインストール方法
  1. インディケーターをダウンロードします。ダウンロードするファイルはzip形式です。
  2. zipファイルを解凍し、mq5もしくはex5のインディケーターファイルを取り出します。
  3. MT4を起動して、画面左上の「ファイル」より「データフォルダを開く」をクリックします。
  4. その中の「MQL5」フォルダを開いた先にある「Indicators」フォルダの中にインディケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますのでそれを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

詳しい導入方法は以下の記事をご覧ください。

 

おすすめの記事